はるとりみなと
MENU
  • Event
  • Picture
  • Music
  • SimCity
  • Minecraft
  • Link
MODIFIED

Mods / Plugins

Minecraftを拡張するものたち。ちょっと役に立つかもしれない小物を中心に。


Bukkit Plugins

ExpBank
動作確認
  • SpigotMC 1.11
DOWNLOAD ExpBank-0.1.0.jar [6.44KB]
最新版 0.1.0 (2016/12/24 更新)
概要 コマンド入力で経験値を預けたり引き出したりするプラグインです。
  • コマンド一覧
    • /vxb
      • 現在の残高を表示します。
    • /vxb d [value]
      • 所持している経験値を預けます。
      • 引数 value によりレベルを指定することができます。
        省略すると全レベル分を預けます。
    • /vxb w [value]
      • 預けてある経験値を引き出します。
      • 引数 value によりレベルを指定することができます。
        省略すると残高すべてを引き出します。
すべての操作に expbank の権限を必要とします。デフォルトで権限を持ちます。
既知の不具合
  • 現在は特にありません
今後の実装予定
  • 複利
  • 定期預金
SignDecoration
動作確認
  • SpigotMC 1.10.2
DOWNLOAD SignDecoration-0.1.0.jar [6.34KB]
最新版 0.1.0 (2016/12/11 更新)
概要 設置済みの看板に対して、行単位で装飾を付け加えるプラグインです。

Minecraft 1.9以降?は看板の作成画面で入力した装飾コードが無効化され、看板の文字を装飾するにはコマンド生成など複雑な操作が必要となりましたが、このプラグインを使用すると現在のバージョンでも容易に看板の文字装飾が可能です。
メインハンドにアイテムを持たず、スニークしながら看板を右クリックすると対応する行(解説画像)に作用します。

すべての操作に signdecoration の権限を必要とします。デフォルトで権限を持ちます。

[紹介・解説動画]
既知の不具合
  • 現在は特にありません
今後の実装予定
  • 行の一部にのみ装飾を適用
  • プラグインが発動する条件のコンフィグ
LocationAdjuster
動作確認
  • SpigotMC 1.10.2
DOWNLOAD LocationAdjuster-0.2.1.jar [9.55KB]
最新版 0.2.1 (2017/10/21 更新)
概要 コマンド入力によって、プレイヤーの位置と方角を任意の値に、あるいは整数や十六方位刻みなどのきれいな値に補正するプラグインです。

寸分のズレもなく対象を望みの角度で撮りたいときなどに役立ちます。
景観重視のマルチプレイサーバーなどで入っていると喜ばれるかも。

[コマンド解説] [更新履歴]
既知の不具合
  • フェンスや板ガラスなどの壁抜けが可能
今後の実装予定
  • 現在は特にありません
PileFoundations
動作確認
  • SpigotMC 1.10.2
DOWNLOAD PileFoundations-0.3.1.jar [14.3KB]
最新版 0.3.1 (2016/09/27 更新)
概要 堅い基盤層に達する杭を打つプラグインです。

木のツルハシでスニークしながら右クリックしたブロックから直下に、石や砂岩などに達するまで杭を生成します。
コマンドによりモードを変更すると、同時に杭頭の基礎を生成することも可能です。
サバイバルモードでは、生成に必要なだけの素材をインベントリから消費します。
基盤とみなすブロックやデフォルトの杭基礎の仕様などを変更することができます。
コンフィグで指定できるアイテム名はこちらを参照してください。

[解説ページ] [更新履歴]
既知の不具合
  • 現在は特にありません
今後の実装予定
  • 現在は特にありません

Forge Mods

ModernArchi
バージョン Minecraft 1.7.10
前提Mod
  • Minecraft Forge 10.13.2.1291
DOWNLOAD vostok_ModernArchi_1.7.10-0.4.jar [323KB]
最新版 1.7.10-0.4 (2016/04/11 更新)
概要 現代建築に適したいくつかの建材を追加するModです。

コンクリートのクラフトを基本として、モルタル塗りやタイル張りなど建築の自由度を高める素材が使用できるようになります。
ほとんどの建材において (ブロック+階段+ハーフブロック)×(16色) が用意されています。

またこれらの建材のクラフトのために、5種類の鉱石類(石灰岩・石膏・亜鉛鉱・ボーキサイト・黄銅鉱)がマップに生成されるようになります。

[解説ページ] [更新履歴]
既知の不具合
  • ハーフブロックを二重に置くことができません。
  • 階段・ハーフブロックが光を透過します。
  • 石灰岩の柱の回収に適したツールが斧になっています。
FutureBlocks
バージョン Minecraft 1.7.10
前提Mod
  • Minecraft Forge 10.13.2.1291
DOWNLOAD aaaaaa_vostok_FutureBlocks_1.7.10-0.3.1.jar [54KB]
最新版 1.7.10-0.3.1 (2016/03/30 更新)
概要 多くの大型Modが対応しているMinecraft 1.7.10において、将来のバージョンでブロックが追加される可能性のあるID領域を確保するModです。

1.8以上へのアップデートが可能になった場合に、バニラのブロックIDと競合したためにModの追加ブロックが置き換えられてしまうのを防ぎます。
また一部のブロックについては、実際に1.7.10のワールドに設置することも可能です。

なお現在のForgeの仕様(ID割り振り関連)より、このModが正しくIDを確保できるのは
新規にワールドを作成する場合のみとなります。

[更新履歴]
導入方法 ※ かならずお読みください ※


1. Forgeによってmodsフォルダが作成されるところまでは割愛します。

2. ダウンロードしたjarファイルをmodsフォルダに入れます。

3. modsフォルダの中で、ファイル名順(昇順)に整列した場合にこのModが一番上に来るようにリネームします。(既に先頭に"aaaaaa_"と付加しているので、通常必要ないはずです。)

4. Minecraftを起動して、新規にワールドを作成します。マルチプレイサーバーの場合は、ワールドが存在しない状態で起動してイニシャライズを行います。

5. BlockID:255までが予約されたワールドができました。念のためF3+HでID表示を有効にして、プリズマリンが168番に割り当てられていることを確認しましょう。


IDの確保を済ませ、このModによる追加ブロックを使う必要が無い場合でも、modsフォルダから削除しないことをおすすめします。このModの解除後に新たなModを導入すると、確保したID領域に新たなブロックが登録されてしまうことがあります。
既知の不具合
  • ハーフブロックを二重に置くことができません。
  • 階段・ハーフブロックが光を透過します。
  • 柱状プルパーブロックの回収に適したツールが斧になっています。